Return to site

生駒のカフェ|完成

佐藤伸也建築設計事務所

· 竣工,カフェ,店舗,ロゴ

Cafe in IKOMA

━生駒のカフェ━

photo©studio CIRCLE

photo©studio CIRCLE

「発芽的リノベーション」

どこからか飛んできたタンポポの綿毛は、新たな場所に落ちて根を伸ばす。やがて葉を増やしながら、どんどん大きくなり花を咲かせる。花が咲き終わると、タンポポは綿毛のついたタネをつくり始める。たくさんのタネが、次々と空に飛び立ち、新たに仲間をふやしていく。

「既存のアーチを生かしたリノベーション」

奈良県にある近鉄生駒駅から徒歩数分にある既存建物を改修したプロジェクトである。2~3階建ての住居や店舗が建ち並ぶ中にあり、2階部分の連続する「アーチ」が特徴的な建物だった。シャッターが閉まり20年以上の月日が流れているらしい。

アーチのような意匠は、場所・様式・時代など様々なことを連想しやすいものであるが、「アーチ」は、この地域のコンテクストとはあまり関係なく、単にデザインや流行りとして突然現れたものだと考えた。長年存在し続けた「アーチ」は、ある種のランドマークになっているようにさえ見える。

まるでどこからか飛んできたタンポポの綿毛のように、「アーチ」がこの地域に根を伸ばして成長するときがやってきたように感じた。

今回のリノベーションでは、ファサード、照明、ロゴデザインなど、さまざまなところに「アーチ」を生かす方法を選択した。「発芽的リノベーション」とは、止まっていた時間を進めるような、建物を成長させるようなリノベーションである。

この建物には、新しい人と人のつながりや発見があるような地域のコミュニティスペースでありたいというクライアントの気持ちが込められている。

クライアントの思いが実現し、新たな種を撒き散らしてほしい。

Renovation like germination of dandelion

The fluff of the dandelion that flew from somewhere dropped to a new place and extended the root. Eventually, while increasing leaves, they grow bigger and bloom flowers.

When the flowers have come to a close, dandelions begin to make fluffy seeds, and many seeds fly up into the sky one after another and freshen up their companions.

This renovation like germination of dandelion.

This project makes use of a character of an existing building

This is a renovation project of an old building locates in a few minutes away from Kintetsu Ikoma Station in Nara Prefecture, Japan. The existing building featured with its 2nd floor’s continuous arches is in an area of mixture of shops and housings. This existing building’s shutter has been closed for over 20 years until this project started.

As a building element, “arch” reminds various meanings such as place, style, history and so on. However, the arches that are used in this building seems appeared all of a sudden without any context but simply as a trend of the period. Although there is no such an architectural meaning, those arches are conceived as a landmark after several decades of existing in the area.

We conceived this arches as a fluff of a dandelion which seeds travel and sprout in a random place. As the same as a fluff, those arches came from nowhere but rooted itself in the land, and now is the time to sprout.

In this renovation project, we used arches in diverse ways such as facades, lightings, logo designs, etc.

The client wishes this building to become a community space where people meet, connected and explore. We hope the success of this project blossoms like a dandelion and scatters its seeds to new places.

所在地        奈良県生駒市

竣工         2018年6月 

設計         佐藤伸也(佐藤伸也建築設計事務所)

写真         大嵜康祐(studio CIRCLE)

ロゴデザイン     佐藤伸也(佐藤伸也建築設計事務所)  

照明         佐藤伸也(佐藤伸也建築設計事務所)+椋本真由子(むくもと照明設計事務所)

photo©studio CIRCLE

photo©studio CIRCLE

photo©studio CIRCLE

photo©studio CIRCLE

photo©studio CIRCLE

photo©studio CIRCLE

photo©studio CIRCLE

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly